心療内科で診察する精神病

身体的な症状を伴う場合

カウンセリングを受ける女性

心療内科は身体的な症状である心身症を治療するために存在している内科の専門分野ですが、精神疾患の人の治療を行う分野だと勘違いしている人も多いです。精神疾患は心の病なので、本来ならば心療内科で治療を行うことはないのです。イメージだけで受け取ると、心療内科と精神科は同じように考えてしまいがちですが、心療内科はあくまでも身体的な症状の改善を主に行うために存在しています。心のケアを中心に行うわけではないため、精神疾患の患者は精神科に通うことになるのです。精神疾患に陥ると、身体的な症状が出ることがあります。多くは心身症と同様に原因が無いと捉えられるため、心療内科で受診・治療を行うことになります。身体に痛みなどの症状が出ると多くの人は病気を疑うため、内科での検査を行うことが一般的でしょう。頭痛などが引き起こされた場合、内科で頭痛薬を処方してもらうことがありますが、心が症状の最もたる原因になっている精神疾患の場合、薬が効かないということもしばしば起こりうることなのです。こうした場合に始めて、患者が精神疾患だということが判明するということも、実は珍しいことではありません。精神疾患の患者を診る心療内科もありますが、身体的な症状を伴っている患者に多くは断定されます。しかし、精神疾患の患者を心療内科で診るということには限界があります。ある程度は診察・治療を進めることができても、精神科で行うべき治療とのボーダーラインは双方がしっかりと引いているのです。

ボーダーラインの見極め

心療内科では請け負えない精神疾患の症状は、妄想や幻覚などを見てしまうほどに心が疲れてしまっている場合や、自分を傷つける自傷行為や他人の傷つけ命の危険をもたらす他害衝動が見られる場合です。こうした行動が伴う症状は自分でも他者でもコントロールすることはとても難しいのです。症状が酷い場合には、入院も余儀なくされてしまいます。重度の精神疾患の患者に対してそういった措置を実行することができるのは、精神科医だけと決められています。心療内科の医師は内科医のため、このような強制力のある入院の決定は行うことができません。同意をしてもらい、始めて入院という形を取ることができます。精神科でも本来は同意のもと入院などの措置を行なうため、強制入院を行う場合には厳しい基準が設けられています。しかし、基準を満たすほど危険性があると判断された場合には、精神科医によって強制的な入院を決定することができます。心療内科と精神科のボーダーラインは曖昧なため、多くの人が悩んでしまうところでもありますが、精神的に落ち込む症状が続いたり、自殺や破壊衝動が起きてしまう場合には精神科での治療が適切な選択といえるのです。